ミットを使っての基本稽古

押忍。8月より基本稽古をミットを使用し行っています。これは以前参加した交流稽古時に大阪守口のT支部長より「時には基本稽古時にミットを当てさせるとよいですよ」と教えて頂いたことで行っています。

ミットを私一人が持つよりも全体的に行えるために、保護者に了解を得て、ミットを持ってもらっています。

最初は不慣れであった保護者も少しずつ慣れてきました。

効果としては小学生の低学年が当てる位置やインパクトを意識しやすいようになり、打撃力の向上がみられます。また、保護者が子の上達も体感し、コミュニケーションも深まるようです。

賛否両論あるでしょうが、一定期間は継続しようと思っています。

掲載者 支部長 M

dsc_1666 dsc_1654

 

img_20161122_135053

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

投稿カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る