稽古の順番

押忍。稽古の順番について記載します。

稽古に飽きにくくする工夫の一つとして、隔週ごとに稽古の種類を逆に行っています。

これは、稽古を準備運動→組手・スパー、その後にミット稽古や移動稽古、基本稽古と通常とは逆に行っている意味です。

(最初は組手・スパーは軽めに行うなど調整すれば取組やすいです。)

効果としては組手・スパーが最初にあるので準備運動を真面目にやる少年部が増えますし、仕事で遅れて参加する一般部は基本稽古や移動稽古を行う機会になります。

掲載者 氷川支部 支部長M

写真は8月稽古風景です。

DSC_1510 DSC_1509 DSC_1507 DSC_1508 DSC_1506

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

投稿カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る